自転車を運転する時大切なのはバランスです。

私たちが自転車に乗る時はバランスを取りながら前向きに進みますね。

ですから夢占いにおいて自転車は、「バランスを維持する」ということを表しています。

また「バランスを維持する」という意味から転じて「周囲との調和」という意味もあるのです。

ここからは自転車に関連する夢の意味について紹介します。

スポンサーリンク

自分が自転車に乗っている夢

まずは自分が夢の中で自転車に乗っている夢が暗示する意味について紹介します。

自転車に乗って目的地に向かっている夢

あなたが自転車に乗って進んでいる夢を見たのであればそれは「休みなく前進して努力し続けている」」という意味があります。

もし自転車に乗っているあなたが目的地に向かってスイスイと順調に走っているのであれば、あなたの人生は目的に向かって現在順調に進んでいるという事を暗示していますし、上り坂や向かい風の中必死にこいでいるのであれば、目的に向かって苦労しているということを指し示しています。

順調にせよ苦労しているにせよ目的地に向かって一目散に自転車をこぎ続けている夢は前向きな夢であることは間違いありません。

この調子で頑張れば計画通りに目標を達成することができるでしょう。

周囲との関係も全く問題ありません。

自転車で水の上を走っている夢

自転車で水の上をスイスイと走っているのであれば、間違いなく吉夢です。

水の上を自転車で走るなんてことは現実ではありえませんが、夢の中ならあり得るシチュエーションです。

水占いにおいて自転車と水の組み合わせは最高の組み合わせです。

あなたの運気はぐんぐん上昇中であり、きっとどんなチャレンジも驚くほどうまく行くことでしょう。

周りの人たちの人間関係もとても良好であり、みんながあなたを優しく見守ってくれています。

ただし油断は禁物です。
「好事魔多し」という格言もある通り、物事が自分の思うようにスイスイと進んでいる時には思いがけないトラブルが舞い込んでくるリスクもあります。

順調に物事が進んでいる時こそ足元をしっかりと進むように意識しましょう。

何となく自転車で走っている夢

目的もなく何となく自転車で走っている夢を見た時は要注意です。

自分の中で人生の目的ややりたいこと、目標を見失っているのかもしれませんね。

長い人生において瞬間的に目標を失ってしまうことは珍しいことではなく必ずしも悪いことではありませんが、ずっとその状態が続いて無気力な状態になるのであれば危険です。

そんな夢を見たあなたは、もしかして人生に疲れてるのかもしれませんね。

ただし自転車に乗ってバランスがとれているうちは人間関係は悪くないでしょう。

意地を張らずに周りの人を頼ってみるのはいかがでしょうか?

ゆっくりと自転車を漕いでいる夢

ゆっくりとマイペースに自転車を漕いでいる夢にはマイペースなあなたの様子が描かれています。

きっとあなたはストレスをそれほど感じておらず、精神的にも安定したとても良い状態なのでしょう。

ゆっくりと走っていれば目的地までは少し時間がかかってしまいますが、事故を起こすこともなく確実に目的地に到達できます。

この調子で進めば問題ありません。

必死に自転車を漕いでいる夢

あなたが夢の中で必死にわき目を振らずに自転車を漕いでいるのであれば、あなたが不安を抱えているということを暗示しています。

漕ぐのをやめたら倒れてしまう、だから怖くて仕方ないという気持ちなのかもしれません。

そんな不安な気持ちを振り払うために、ひたすらがむしゃらにペダルを漕いで不安を誤魔化しているのです。

そして不安を抱えているあなたは自分をとりまく現状に満足できていないのでしょう。

とはいえ周囲を顧みず、がむしゃらに走り続けても状況は好転しない事が多いものです。

例えば周りの人を頼ってみたり、アドバイスをもらってみたり、少し力を抜いてゆっくりと走ってみませんか?

ゆっくりと走ると気が付く新しい世界もあることでしょう。

ブレーキを掛けながら自転車に乗っている夢

自転車で進んでいるにもかかわらずブレーキを掛けるのが印象的な夢の場合、目標に対するモチベーションが下がっている事を暗示しています。

または何かしらの不安を感じているのかもしれませんね。

ブレーキの強さモチベーションの低下、不安の大きさは比例しており、ブレーキが強ければ強いほどモチベーションも大きく下がっているようです。

モチベーションが下がってしまう理由や不安を感じる理由はいろいろあると思いますが、これまで勢いよく走り続けてしまったという原因も考えられるかもしれません。

自転車が止まるとバランスが取れなくなってしまうのと同様、目標に向かってする努力も全く辞めてしまってはバランスを崩して転んでしまいます。

どれだけモチベーションが下がってしまったとしても自転車を漕ぐのを絶対にやめないことが大切です。

ゆっくりであったとしても漕ぎ続ければ、時間はかかってしまうかもしれませんが必ず目標に到達することができます。

またブレーキを掛けるというのは必ずしも悪いことではありません。

自転車に乗っている時にスピードを出し過ぎると危険なのと同じように、目標に向かっている時にも時としてスピードを落として慎重に行動する必要があることもあるでしょう。

ただし慎重になりすぎてブレーキを掛け過ぎないように意識したほうがよいでしょう。

自転車のペダルを立ち漕ぎしている夢

自転車に乗っている時にペダルを立ち漕ぎする時は、「もっと勢いよく走りたい!」と思っている時でしょう。

夢占いにおいても立ち漕ぎするということは、目標に向かって勢いよくペースを上げたいと強く思っているあなたの気持ちを暗示しています。

あなたは今、目標に向かって自分を高めたいと熱烈に思っていることでしょう。

そんな時は勢いに任せてガムシャラに努力してみるのもよいでしょう。

目標を達成するためには勢いが必要なこともあるのです。

自転車に上手に乗れていない夢

自転車に乗っているにもかかわらず、思ったように上手く乗れない夢はどんな意味があるのでしょうか?

その夢は、人間関係でトラブルが起こる可能性があるという事を暗示しています。

もしかしたらすでにトラブルに巻き込まれているのかもしれませんね。

そんな夢を見たのであれば、しばらくは人間関係に細心の注意を払ったほうが良いでしょう。

もしすでに巻き込まれているのであれば、転んでしまう前になるべく早急に解決するように努力するのが吉です。

自分が自転車に乗ってない夢

これまでは自分が自転車に乗っているシチュエーション別にその意味を見てきました。

それでは自転車が夢に出てきたものの自分が自転車に乗っていない夢にはどんな意味があるのでしょうか?

自転車を見ている夢

自転車に乗らずに眺めている夢にはあなたが目標を探している、または目標を見つけられずに立ち止まっているということを意味しています。

自転車に乗りたい、つまり目標に向かって進みたいとは思っているものの、どの方向に向かって努力をしたらよいのか考えあぐねているのです。

こんな時は焦りは禁物です。

とりあえず自転車に乗って走り出してみる、という事をやってみるのも悪くはありませんが、もし最終的な目的と反対方向に走り出してしまえば進んだ分の距離を戻らなければならず、時間がかかってしまいます。

その分を「経験」と考えることができるのあればプラスに働くこともあるかもしれませんが、気が付くのが遅くなってしまえば疲れて止まってしまう可能性もあるでしょう。

しっかり自分が進む方向を見極めた後、満を持して走り出してもよいのではないでしょうか?

自転車を購入する夢

夢の中で自転車を購入した場合は、あなたが精神的に満たされており、やる気に満ち溢れていることを象徴しています。

目的に向かって走り出したい、と熱望しているのかもしれません。

この夢を見た時、あなたを取り巻く運気は上昇中です。

是非この上昇気流に乗じて、勢いよく漕ぎだしてみましょう。