もし怖い夢を見た時、とってもブルーな気分になってしまいますね。

内容によっては冷や汗をかいてあわてて跳び起きてしまうこともあるでしょう。

もしそんな怖い夢を見た場合は現実生活で何かしらの不安を抱えていることが原因のほとんどである言われており、必ずしもこれから悪いことが起こるという意味があるわけではありまえせん。

ここからは怖い夢を見た時のその意味の解釈について、シチュエーション別に紹介していきます。

自分が死ぬ夢

怖い夢、といって真っ先に思いつくのが自分が死んでしまう夢でしょう。

夢の中で自分が死んでしまった場合、悪い夢の中でも非常に嫌な気分になることでしょう。

自分が死んでしまうなんて少しでも考えたくもないですね。

そんな夢を見てしまった場合、「もしかして近々自分に不吉なことが起こるのかも?」なんて不安に気持ちになってしまいそうです。

でも安心してください!夢の中で「死ぬ」ということは「自分をとりまく運勢がグングン上昇中である」という吉夢なのです。

なぜなら、夢の中で自分が死んでしまったとしてももう一度寝ればまた簡単に生き返ることができるからです。

自分が夢の中で死んだ場合、これから健康、恋愛、金運といったすべてが良い方向に向かっていくことでしょう。

もし自分が死ぬ夢の中で事故やトラブルで死ぬのではなく、自殺する夢を見た場合はどうでしょうか?

これは「現状から脱皮して大きく羽ばたきたい、変わりたい」と思っているという変身願望の表れです。

あなたを取り巻く運は上昇中ですから、思い切って積極的にいろいろなことにチャレンジしてみましょう。

自分でも驚くほど事態が好転することもあるでしょう。今がチャンスです。

人を殺す夢

自分が死ぬ夢ではなく人が死ぬ夢、とくに「自分が誰かを殺す夢」を見た時はどんな意味があるのでしょうか?

とんでもなく怖い夢ですが、この夢も決して悪い意味があるわけではありません。

人を殺す夢には「ストレス発散」の効果があるのです。

もしかしてあなたはとんでもなくストレスが溜まっているのかもしれませんね。

人を殺す夢を見たからといって「自分はなんて悪い人間なんだろう」なんて自己嫌悪になる必要は全くないのです。

言うまでもなく現実社会で人を殺すことは犯罪であり、いかなる理由があったとしても絶対にやってはいけない事ですが、夢の中では何をしても自由です。

もしそんな残酷非道な夢を見てしまったとしても、人に言わなければあなたがそんな夢を見ているなんて思いもよりません。

「夢で人を殺して上手にストレス発散できたおかげで現実で上手にやっていける」そんなふうに前向きに考えるようにしましょう。

人を殺すシーンは夢に出てこなかったものの、自分が殺人犯として追われている場合はどうでしょうか?

その場合、逃げ切れるか捕まってしまうかによって大きく意味が異なります。

もし逃げ切れた場合は、あなたが今抱えている問題が無事解決することを暗示しています。

逆に逃げ切れずに捕まってしまった場合、問題は解決しないことになるでしょう。

人を殺して逃げている夢の場合、どんな結末になるのかによってその意味は180度異なりますから怖がらずにしっかり最後まで見届けるようにしましょう。

あなたが思春期や大人になったなら、時として親を殺す夢を見てしまう事もあるでしょう。

夢占いにおいて、親を殺す夢というのはあなたが親の保護の元から旅立とうとしている「親離れの気持ちの表れ」であると考えられています。

今が自立に向かって歩き出す絶好のタイミングなのかもしれません。

人はいつまでも親元で甘えているわけにはいきません。

もしあなたが自立できる年齢ならば、親元を離れることを真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

いうまでもないことですが、今まで育ててくれた両親への感謝は忘れずに。


試験に落ちる夢

夢の中で突然試験が始まり、上手く解答できずに落ちる。

あなたが学生さんであればそんな怖い夢を見ることもしばしばあるでしょう。

これからある試験が自分にとっても大切な試験であればあるほど「もしかして今度の試験で悪い点を取る予知夢なのかな?」なんて考えてとても不安になってしまいますね。

でも安心してください、試験に落ちるという夢も紛れもなく吉夢なのです。

というのも、夢の中でさえ試験を受けているという事はあなたが勉強の事や将来の事をとても真面目に考えている証拠です。

そんなあなたは日ごろからしっかり計画的に勉強していることでしょう。

「試験なんてどうでもいいや!」なんて人にとって、夢の中で試験を受けるなんて事は全く思いもよらない事です。

試験に落ちる夢を見た時は、それだけ自分が一生懸命試験に向けて勉強している証拠だと思う事にしましょう。

大丈夫、きっとうまくいきます。

何かに追いかけられる夢

夢の中で何かに追いかけられていた場合、どんな意味があるのでしょうか?

夢の中で追いかけられるというのは、あなたが「何かから逃げたい」と思っている心を表しています。

知っている人から追いかけられているのであれば、その人に対してなにか後ろめたいことを抱えていることの暗示です。

誰か知らないけども同性から追いかけられている時はなにか漠然とした不安を抱えて精神的に参っているという事を指し示していますし、知らない異性から追いかけられているのであれば恋愛に対しての不安を抱えている事を表しています。

日常生活において仕事や人間関係など何かストレスを感じていることはありませんか?

自分ではストレスだと自覚していなくても実はストレスを負っている可能性もあるのです。

心をケアするチャンスだと思って前向きにとらえてみてはいかがでしょうか?

地震に遭遇する夢

日本は地震大国でありいつどこで地震に遭遇するかわかりませんが、夢の中で地震に遭遇した場合はどんな意味があるのでしょうか?

夢の中で地面は自分の基盤、つまり家庭を表しています。

ですから地面が揺れる地震の夢には「家庭が不安定になる」という意味があり、家庭や家族のトラブルを暗示しているのです。

また夢の中での津波は「経済的なトラブル」を表しています。

夢の中で、地震に遭遇し続けて津波に襲われるという夢を見た場合、「家庭が不安定になり、その後続けて経済的な不安定さが訪れる」ということを暗示しているのです。

あなたの家庭は大丈夫でしょうか?

もし忙しくて家族とゆっくり接していないというのであれば、一度しっかり時間を作って家族だんらんの時間を設けてみてはいかがでしょうか?

グロテスクな夢

思い出したくもないほどのグロテスクな夢をみてしまうこともあるでしょう?

そんなグロテスクな夢にはどんな意味があるのでしょうか?

そのグロテスクな夢の中でも血が飛び散るような夢を見たのであればそれは吉夢です。

夢占いにおいて「血」はエネルギーを意味しています。

ですから血が飛び散る、とはすなわち「エネルギーが飛び散る」ことを意味しています。

あなたからはあふれんばかりのエネルギーがほとばしり、生気がみなぎっていることでしょう。

健康運がアップしたり、仕事では昇給や昇進が期待できるかもしれません。

恋愛運も上昇していますから、片思いの相手や高根の花だと思っていた人と良い関係になれるかもしれません。

悪霊に憑りつかれる夢

幽霊や悪霊に襲われる夢、憑りつかれる夢を見てしまった場合、人間関係のトラブルで気分が参っているということを暗示しています。

または自分でも知らないうちに誰かに強く恨まれている、という可能性も否定できません。

もちろんトラブルを起こそうと思って生活している人はいませんし、恨まれたいと思って行動している人もいませんから、気を付けましょうと言われてもなかなか難しいことでしょう。

しかし、思い返してみてもし何か思いあたる事があるのであれば、大事になる前に早めにその芽を摘んでおきましょう。

時には自分から解決に向けて歩み寄ることも大切です。

「怖い夢を見る」ということは現時点であなたが何かしらのストレスを抱えているということを意味しています。

そんな自覚があるにせよないにせよ、よい機会ですから一度立ち止まって自分を見つめなおしてみてはいかがでしょうか?

これは自分をいたわり次のステップに向かって前向きに行動するための大切なチャンスなのです。