バスとなりますとどんなことを思い浮かべますか? 

通勤や通学でゆっくりと本を読んでいたり、バスの中でぎゅうぎゅうになって乗っているようなイメージでしょうか?

それとも、ちょっとした遠足のために多くの友人や知り合いと一緒に乗っているようなイメージでしょうか?

バスには多くの人を輸送する手段ではありますが、通勤途中でバスの中で寝ているのではなく、バスが夢の中に出てきたりするというのもなかなか趣が深いものです。

バスが夢に出てくるような時には、どんな意味合いがあるのでしょうか?

バスの夢の基本的な意味合いとは

バスの夢を見た時というのは基本的には、

  • 社会的なルールなどの規範をつかさどること
  • 近い将来の予言を示すもの
  • 周辺との関係

を示しています。

バスというのは本来それほど遠くないところに通勤などで利用するものであり、その中には知り合いや近場の人が乗っていたりするようなことも珍しくはありません。

そういったこともあってか、基本的には近い将来や人物のことを示しているようなことが多いようです。

また、バスの中というのは、集団で乗る乗り物でもあることから、その中でルールを守って乗ることを求められていることもあって、規範的な意味合いを持っているといわれています。

こういったところを基本的に踏まえて、これからバスの夢の意味を求めていきたいと思います。

目的地にどんなふうに行ったりするのか?

バスに乗るというのはどこかの目的地に向かうことです。

バスがしっかりと目的地に到達するというような夢を見た時は、もちろん目標達成のために成功していることや、しっかりと自分の目標に進んでいるという吉兆を暗示します。 

それ以外の場合には悪いことも多いです。

目的地に逆につかないような場合には目標失敗という危険信号が来ています。 

しっかりと目標のために必要なことや仲間との連携を確認して行動を起こさないといけません。

目標の地点を乗り過ごしてしまったときには、ミスやうっかりによって達成しようと頑張っている目標を達成する機会を失ってしまう可能性を示唆しています。

こういったときには、油断をしないようにしてください。

途中で降車したりバスの乗り換えについては、人生や目標などの転換点を示しています。

別の組織に所属することを暗示していたり、新しい環境に移動することによって自身の信条に変化を及ぼす可能性があります。

乗換えや降車の時に自分自身の感情に安心感や不安感だったりするようなものを感じた時には、その感情がそのまま今現在の状況から転換するときの心理状況を表しています。

夢を見た時の感情をしっかりと確認しましょう。


バスに乗れない夢について

バスというのは乗るのが目的なのですが、バスが乗れなかったりするような夢もあります。 乗れないというのにも理由によって意味が異なります。

バスが来たわけではありますが、なぜか不安でバスに乗れなかった。

その夢は、集団行動や人間関係に対する不安やこれからやらなくてはならないことを避けたいとするような不安の心理を示しています。

バスが目指すところに行きたくないということでありますので、こういった夢を見てしまいます。

ちょっと勇気を出して動いてみるといいでしょう。

バスが満員で乗れない時は、人生や人間関係などの転換点を迎えています。

ですが、あなたの自己主張が不足しているため孤立していたり、 周囲から取り残される不安を示しています。

満員で乗れない状況ですから自分がそのバスの中に加われないか、加わりにくい状況を示していますので、このような心理状況を示すようです。

ちょっと勇気を出して焦らず集団の中に入っていくようにしましょう。

いくら待っていてもバスが通過して乗れないようなこともあります。

そういったときの夢の意味としては、人生の転換期にあるのにもかかわらず、人生や人間関係を上手く転換でき無いような状況です。

自分の言いたいことを言えなかったり、周りの人に認めてもらえなかったりと、なかなか周りとのコミュニケーションが取れないようなことが起因しています。

孤立感を感じてしまいますが、色々と学んでみたり人とのかかわりを持っているようにしていけば打開できる可能性があります。

バスのなかに入っている時の夢

バスの中に乗車はしていても、バスの中の状況というのは異なっています。

特に人の数というのは夢占いでは結構重要です。

バスの中が混雑しているような状況ですと、基本的に今ある環境がかなり慣れてしまって飽きてきているような状況であります。

ちょっと日常生活に刺激が足りなくなってきている状況ですから、刺激を求めて新しいことを初めて見るのもいいのではないでしょうか?

バスの中がまばらな場合には、あなたの家族などの近親者の関係を示しています。

家族内でもなんとなく関係性がうまくいっていないようなことを暗示していますので、家族と喧嘩したり家族と疎遠になったりしがちな面があるといえるでしょう。

バスの中にあなた以外誰もいないときは、消極的な感性を示しています。 

バスは本来集団で載っているもので、その中で秩序を示すものにも拘らずそうでないということは、孤立を示しているといっていいでしょう。

こういったときにはしっかりと感性を磨いて、他者との間隔を合わせたり、チャンスを逃さないように努力することをお勧めします。

バスが遅れたり、動かなくなってしまったときの夢

バスが何らかの理由で遅れてしまったり動かなくなるようなことも時にはあったりしますよね? 

バスが動かないということにも大きな意味があります。

パンクやエンジントラブル、何らかの故障をして動かなくなってしまったときには、人間関係などのトラブルが懸念されます。

恋人、家族、会社内の人間関係のトラブルであったり、ちょっとした出来事で大きなトラブルが起こったりするようなことがあります。

バスが動かないのは、目的などにも支障を示しますので、大きな注意が必要です。
 
バスが遅延しているときも、基本的には目的などを達成するためのトラブルによってうまくいかないことを示しているので注意しましょう。

バスの運転をしている夢

バスの運転をするというのは、チームや家族などをまとめて動かすということを暗示しています。

あなた自身が運転しているのであれば、チームなどの士気を取るための十分な能力を発揮し、皆を率いていけることを暗示しています。

知人の場合なら、その人がリーダーとしてしっかりとチームを引っ張っていけることを認めていることを示しているので、悪い意味ではありません。

知人についていっても問題ないといえます。

貸し切りのバスに乗っている夢

バスにも特定の人々で載っていける貸し切りバスがあると思います。 

夢で出てくる貸し切りバスというのはちょっと心理的には閉鎖的だったり、独占的な部分が出やすいです。

恋人と載ってるときには、恋人を独占したいという欲望が表れているようで、あまりに強すぎると束縛を生んでしまうかもしれません。

恋人との距離感は注意したほうがいいでしょう。

友人などもうちょっと複数の場合には、排他的な側面もありますが、その集団内では和気あいあいといい関係を持っているというようなことを暗示していますので、必ずしも悪い意味ではありません。