あなたはエレベーターが出てくる夢を見たことがありますか?

エレベーターは非常に便利な乗り物であり、私たちの生活になくてはならないものですね。

今回はエレベーターが夢に出てきた時の意味について紹介します。

夢の中にでてくるエレベーターにはどんな意味が隠されているのでしょうか?

夢の中のエレベーターが暗示するものとは?

夢占いの世界でエレベーターは、あなたの周辺を取り巻く環境であったり人間関係が大きく変わるという意味があるのです。

ですから夢の中にエレベーターが出てきた場合、あなたに大きな環境の変化が現れる可能性があるということを暗示しているのです。

この事を踏まえたうえで、ここからはエレベーターが出てきた夢のシチュエーション別に紹介していきます。

エレベーターが急上昇する夢

自分が乗っているエレベーターが急上昇した夢を見た場合にはどんな意味があるのでしょうか?

実際自分が乗っているエレベーターが急上昇すると大変な恐怖ですが安心してください。

夢の中のエレベーターが急上昇する夢には、あなたを取り巻く運気や環境が急上昇中であるという意味があるのです。

難しいと思って諦めていた仕事が急に順調に進みだしたり、体の調子が悪かった人であれば急に回復したり。

お金が欲しいと思っている人には思わぬ収入が舞い込んでくるかもしれませんし、急に出世の話が舞い込んでくることもあるでしょう。

こんな夢を見た時はこれから訪れるであろうチャンスを漏らすことなく掴むようにしましょう。

準備不足で獲り逃してしまってはせっかく吉夢を見たのに目も当てられませんね。

エレベーターが急降下する夢

自分が乗っているエレベーターが下に向かって落ちていく。

思わずビックリして飛び起きてしまいそうな夢ですね。

高いところが苦手な人にとってまさに冷や汗もののシチュエーションでしょう。

この夢には、あなたを取り巻く環境や状況が急激なスピードで変化していくことを表しています。

夢の中のエレベーターの落下速度が早ければ早いほど、あなたの周りの変化も急激に起こるでしょう。

そしてこの落下するエレベーターですが、残念なことに運気が下降していることを表しているのです。

まさに青天のへきれきともいうべき変化が起こる予兆ですから、心の準備をしておいたほうが良いでしょう。

そしてその時、周りの人たちの協力や援助は期待しないほうがよいでしょう。

もしも特になにも起こらないのであればラッキー、とポジティブに考えるようにしましょう。

なお、エレベーターが急降下していても気分がよい場合であれば、これまでおさまりが悪かった事がすんなりおさまって安定することを暗示しており吉夢です。

エレベーターが停止しない夢

エレベーターは自分が停止したい階に止まる乗り物ですが、そのエレベーターが止まらない夢を見た場合どんな意味があるのでしょうか?

この夢には、あなたを取り巻いている環境の変化が自分の意志では停めることができないということを意味しています。

こうなってしまうと状況の変化は自分でコントロールすることはできず、されるがままなすがままに動いていきます。

さらに上昇するエレベーターが止まらない場合、自分のテンションがコントロールできないほどに上がりすぎていることに対する警告です。

あなたはそれを感じていないかもしれませんが、周囲が困惑するほどのテンションで物事に当たっている可能性があります。

あなたはリーダーシップをとってみんなを導いているつもりでも、ふと振り返ってみれば誰もついてきていない、という寂しいシチュエーションになっているかもしれませんね。

一度客観的に自分を見つめなおしてみるのはいかがでしょうか?

逆に下降するエレベーターが止まらない場合、あなたの気持ちが自分が思っている以上に沈みこんでいることを暗示しています。

気分が沈むことは誰しもあることですが、沈み過ぎてしまうのは問題です。

少し気持ちを切り替えてポジティブシンキングを意識しましょう。

一人で抱えずに誰かに相談したり、気分転換にどこかへ出かけてみるのはいかがでしょうか?

エレベーターに閉じ込められる夢

エレベーターが出てくる夢で最も多いシチュエーションがエレベーターに閉じ込められる夢ではないでしょうか?

このエレベーターに閉じ込められる夢には、あなたが今八方ふさがり、四面楚歌の状況に置かれていることを暗示している場合があります。

エレベーターに閉じ込められるとその閉塞感は大変なものであり、自分一人の力ではどうすることもできません。

いつ解放されるのかわからない状況で精神的に徐々に追い詰められ心が蝕まれていくことでしょう。

特にビジネスマンがこのような夢を見た場合、仕事上における業務上の問題や昇進に関してイライラしている可能性があります。

エレベーターが故障する夢

エレベーターが故障するといえば閉じ込めれられる事が思い浮かびますが、それだけではありません。

例えば降りてみたら自分が停まりたい階と違う所に停まっていた、というシチュエーションも考えられます。

もし夢に出てきたエレベーターが故障していた場合、あなたが助けを求めた人とトラブルになる可能性を指し示しています。

時には人に頼ることも大切ですが、できるだけ自分の力で解決するように心がけましょう。

最後に信じられるのはやっぱり自分だけです。

また自分が乗っていたエレベーターが天井を突き破ってしまった場合、あなたがこれから経験したことがない領域に足を踏み入れることを暗示しています。

突き抜けたその先に達成感や爽快感があるのであれば迷うことなく突き進めばOKですが、もし不快だったり恐怖を感じるようであれば今冒険するのは少しやめておいた方がよいでしょう。

タイミングが合わずにエレベーターに乗り損ねる夢

乗りたいと思っていたエレベーターに目の前で乗り損ねてしまった場合、とても残念な気持ちになりますね。

次のエレベーターがくるまでじっとしばらく待たなければいけません。

夢の中でエレベーターに乗り損ねてしまった場合、あなたが目の前でチャンスを逃してしまう、という事を暗示しています。

そんな夢を見た場合、突然現れるであろうチャンスを確実につかむことができるように準備をしっかりしておきましょう。

でも乗り損ねてしまったとしても諦める必要はありません。

待っていれば次のエレベーターがやってくるのと同様、モチベーションを高くキープしておけばチャンスも必ずもう一度表れます。

諦めず腐らず、じっと次のチャンスを待ちましょう。

エレベーターが満員で乗れなかった夢

夢の中で乗りたかったエレベーターに人がたくさん乗っていて自分が乗れなかった場合、果たしてどんな意味があるのでしょうか?

この夢には、自分が周囲から取り残されて不安な気持ちになっているという精神状況を暗示しています。

周りの人たちがみんなスイスイと順調に進んでいるように見えて焦っていたり不安を感じていたりしませんか?

他の人がうらやましくて自分が特別に不幸な境遇にあるかのように錯覚することもあるでしょう。

でもそんな時であっても必要以上に悩む必要は全くありません。

自分以外の人が順調に進んでいるように見えることはよくあることですが、実際はそんなことはないのです。

きっと他人から見ればあなたも順調にいっているように見えることでしょう。

「隣の芝生は青く見える」ということわざもあるように、現実以上に他の人が良く見えることは人間の性といってもよいでしょう。