選び方を考えます

一度でも注文をしたことのあるお店なら、経験済みなので大丈夫だと思いますが、はじめて購入する人や、新しいお店のものを注文する場合は、経験がないので「このお店の商品は大丈夫だろうか?」と不安にかられる人も多いのではないでしょうか。年に一度の物ですから失敗したくはありません。その為にはどのようなおせち料理の選び方をすれば良いのでしょうか。
次に幾つかポイントを挙げていきたいと思います。

 

信頼できるお店かどうか

まず、お店選びが肝となります。いくら見た目が豪華で安くても、聞いたことのないお店は、なるべく避けたほうがいいでしょう。
信頼できるお店としては、有名老舗店・百貨店を選べばまず間違いはありません。
特に、毎年おせちを販売しているお店に限るようにしましょう。
ただ、この様な場合、販売数が少なかったり、お値段が高いなど、子供さんの口に合わないことも多く、そのような場合は、食品を扱う有名通販サイトなどはを利用してみるのはどうでしょうか。
こちらもクオリティの高い商品を提供してくれると思います。

 

昨年の販売実績をチェック

来年のおせちのチェックは、もちろんですが、今年販売されたおせちの販売実績チェックなども重要です。
「今年初めておせちを販売します」なんてお店は、1度は様子見にしましょう。
来年のおせちが予約・販売が開始されると、なかなか前回のおせちの内容はチェックできないのですが、昨年売れているお店は、今年も間違いないと思っても良いと思います。
繰り返しになりますが、1番大事なことは、昨年もおせちを販売しているといった実績があることです。
おせち作りは、大変な作業です。ですからその大変な時期を問題なくこなしているといった販売実績がものを言いますし、そのようなお店が信頼できるお店なのです。

 

目的に合ったものを選ぶ

はじめの2つのポイントを抑えれば、まず間違いなく大丈夫です。
最後に、家族構成人数や、みんなの口にあう内容のものかなどを確認しなくてはいけません。一人の人の意見だけで中華風おせちを頼んでしまうと和風が好みの高齢者と仲違いになるやもしれないのです。
さらにここで、見落としがちなのは、盛り付け済みか個別包装かということです。
個別包装なら、手持ちのお重やお皿や盆などに改めて盛付が必要ですし、手間がかからないのは盛り付けで、見栄えを演出したり、他のお料理を追加する場合などは個別包装となります。
また、冷凍か冷蔵かも必ずチェックするようにしましょう。
冷凍は保存が効くが解凍が必要で、かつ困難です。冷蔵は保存が効かないのですがすぐに食べられるというメリットがあります。
これらのポイントは基本的な事なのですが、毎年趣向を凝らしたおせちが登場するので、どうしても目移りをしてしまい、新しいものに興味がいきがちとなるのです。
そのような場合にも、「信頼あるお店かどうか、また昨年の実績はどうだったか」など調べて確認する一手間が大変重要になってくるのです。